• 小児歯科とは?
  • 妊婦さんと小児歯科
  • いつから小児歯科?
  • 乳歯はデリケート?
  • 虫歯リスクチェック
  • おうちで出来るむし歯予防法
  • 当院での虫歯予防
  • お口の連絡帳
  • 歯並びチェック
  • 小児歯科医選びのポイント
  • 訪問歯科
  • インターネットからの予約はこちら
  • 携帯サイトはこちら
  • 那須歯科医院
  • 那須歯科医院
  • ペリオインプラントガイド

当院での虫歯予防

ブラッシングのアドバイス
妊婦歯科検診の重要性

ブラッシングには「一般的なコツ」はあります。しかし細かい注意点はお子様一人一人で全然違います。
歯の形や歯並び、生活習慣がお子様によって違うからです。
まず、どこが弱点かを見極めて、それをどうカバーするかを一緒に考えます。


歯のクリーニング
虫歯や歯周病は、口の中に棲む細菌が原因の感染症です。
家庭でのブラッシングだけでは細菌は除去できませんが、歯科医院で定期的にクリーニングすることで、原因菌を除菌することができます。
最近では、口の中の菌が、心臓病や糖尿病を悪化させるとも言われており、口の中を清潔にしておくことは健康維持にたいへん有効です。
お子様のむし歯予防

当院ではむし歯予防の為にフッ素塗布やシーラントなどに力を入れております。

フッ素塗布
歯質を強くしてむし歯に対する抵抗性を高めることのできるものは、現在のところフッ素だけしか分かっていません。
むし歯を予防するうえでのフッ素の作用は次のものがあります。

  1. フッ素がエナメル質(歯の表面の層)にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。
  2. 虫歯になりかかった部分には、フッ素が取り込まれ易く、その部分を修復する現象(再石灰化)を促し、むし歯の進行をおさえます。
  3. フッ素の作用はこのように、歯に対するものが主体ですが、口の中の環境にも作用します。
    むし歯は、むし歯の原因菌のつくり出す酸によって発生しますが、フッ素は、その酸をつくり出す原因菌の働きも弱めます。
    以上のフッ素の働きにより、歯はむし歯になることから守られます。

シーラント
シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、フッ素の力とシーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。