• 小児歯科とは?
  • 妊婦さんと小児歯科
  • いつから小児歯科?
  • 乳歯はデリケート?
  • 虫歯リスクチェック
  • おうちで出来るむし歯予防法
  • 当院での虫歯予防
  • お口の連絡帳
  • 歯並びチェック
  • 小児歯科医選びのポイント
  • 訪問歯科
  • インターネットからの予約はこちら
  • 携帯サイトはこちら
  • 那須歯科医院
  • 那須歯科医院
  • ペリオインプラントガイド

おうちで出来る月齢別・年齢別虫歯予防法

乳幼児
0

まだ歯が生えていない時期には、舌に白いカスが溜まってしまうことがあります。
気が付いた時に、湿らせた布やガーゼなどで拭き取ってあげましょう。

乳幼児
0

生後半年を超えると、赤ちゃんには小さな前歯が生え始めてきます。
歯の汚れに気が付きましたら、同じく湿らせた布やガーゼなどで優しく拭き取ってあげましょう。

乳幼児
0

1歳を過ぎてからは、お子様が歯ブラシに慣れて頂くと同時に、歯ブラシやフロスなどを使って優しくケアしてください。

乳幼児
0

3歳を過ぎられた頃からは、お子様ご自身に歯磨きの仕方を教えて、お子様ご自身で歯磨きできるように教えてあげてください。
もちろん、すぐにしっかり磨けるようになることは難しいので、最後はお母様・お父様のチェックや仕上げ磨きが必要です。

乳幼児
0

5歳くらいから、毎食後に自分で歯磨きをする習慣をつけてください。
朝・昼・晩の3回磨いて、お母様・お父様は歯ブラシ・フロスなどにより仕上げ磨きを行うとともに、磨き残しのチェックをしましょう。

乳幼児
0

6歳くらいの虫歯予防は、奥歯に「六歳臼歯」という大きな歯が生えてきます。
この歯は溝が深く、食べカスも溜まりやすいためチェックも念入りにしてあげましょう。


歯を健康に保つためには、歯磨きなどのおうちでのケアが欠かせません。
小さなお子様は自分で完璧に歯磨きをするのは困難なので大人がチェックしてあげる必要があります。 詳しくは以下の項目を参考にしてください。

落ち着いて磨いてあげる
焦ったり無理矢理磨いたりしては、お子様のお口に大きな負担がかかってしまいます。あくまで落ち着いて、ゆったりと磨いてあげることが大切です。
ヘッドは小さいものを
お子様の歯に合わせて、歯ブラシはヘッドが小さく奥歯までしっかり届くものを使いましょう。
頭を安定させてあげる
お子様を寝かせた姿勢がもっとも磨きやすい体勢です。
ひざに頭を乗せて安定させ、両腕を使って丁寧に磨いてあげましょう。
細かく磨く
歯ブラシを持つときはペンを持つように軽く握って、細かく磨きます。
順番を工夫する
敏感な前歯から磨き始めると、お子様は抵抗することがあります。
感覚の鈍い下の奥歯から始めて、上の奥歯・下の前歯・上の前歯という順番で磨くと比較的スムーズです。
六歳臼歯のチェック
六歳臼歯は溝が深く虫歯になりやすい歯ですが、上下の歯の噛み合わせを決定するという重大な役割も持っています。丁寧なチェックを怠らないようにしましょう。